帰還困難区域内の国道で通行止となる交通事故等が発生した際の迂回路について


● 帰還困難区域内の国道6号で通行止となる交通事故等が発生した場合、帰還困難区域内には、迂回路がないため、国道349号等が迂回路になります。

● 帰還困難区域内の国道288号で通行止となる交通事故等が発生した場合、帰還困難区域内には、迂回路がないため、国道399号等が迂回路になります。

● 交通事故等による通行止の際に、帰還困難区域内の車両は、Uターンして帰還困難区域の外へ移動してください。

● 帰還困難区域での通行止や片側交互通行等の交通情報は、交通情報板やラジオ等でお知らせ致します。

● 交通事故等発生の際には、現場の警察官の指示に従って、安全に走行願います。

 迂回路情報 地図はこちら(PDF)