説明: 福島県警察採用情報


説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/img/toka_image.gif

説明: 試験概要

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/img/toka_image.gif

採用情報TOP

 

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/img/maru.gif

 警察官、警察事務 区分試験、採用試験種目

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/img/tensen1.gif

 

※ 「○」 は第1次試験において実施する試験科目です。
※ 年度によって実施しない試験区分もあります。 


 

区分試験

第1次試験

第2次試験

教養試験
(多肢選択式)

論(作)文試験

専門試験
(多肢選択式)

警察官A(男性・一般)

 

口述試験
(個別面接
集団討論)
適性検査
体力検査
身体検査

警察官A(女性・一般)

 

警察官B(男性・一般)

 

警察官B(女性・一般)

 

警察事務(大卒程度)

口述試験
(個別面接
集団討論)
適性検査

警察事務(高卒程度)

    

 

【 第1次試験 】(警察官A

 

教養試験

警察官として必要な一般的知識及び知能についての筆記試験
(多肢選択式、50題)

論文試験

警察官として必要な論理性、表現力等についての記述式による筆記試験
800字以内)

 

【 第1次試験 】(警察官B)

 

教養試験

警察官として必要な一般的知識及び知能についての筆記試験
(多肢選択式、50題)

作文試験

警察官として必要な表現力等についての記述式による筆記試験
800字以内)


 
 

【 第2次試験 】

 

口述試験

人物についての個別面接及び集団討論による試験

適性検査

職務遂行に必要な適性についての検査

体力検査

職務遂行に必要な体力を有するかどうかについての検査
検査項目及び基準
1)反復横とび (2)垂直とび (3)握力 (4)上体起こし(腹筋)
5)持久走(20mシャトルラン)
<
体力検査基準>

検査項目

警察官(男性)

警察官(女性)

反復横とび

20秒間で39回以上

20秒間で35回以上

垂直とび

45㎝以上

26㎝以上

握力

42kg以上

26kg以上

上体起こし

30秒間で18回以上

30秒間で12回以上

20mシャトルラン

67回以上

41回以上

 

身体検査
(測定方式)

警察官として必要な身体的状態を有するかどうかについての検査
〈身体検査基準〉

検査項目

警察官(男性)

警察官(女性)

身長

おおむね160cm以上であること。

おおむね155cm以上であること。

体重

おおむね47kg以上であること。

おおむね45kg以上であること。

胸囲

おおむね78cm以上であること。

--

視力

両眼とも裸眼視力0.6以上、又は矯正視力1.0以上であること。

色覚

職務遂行に支障のないこと。

その他

職務遂行に支障のない身体的状態であること。

※ 身長、体重等について、試験当日に測定・検査します。
   視力、色覚等については、持参方式による身体検査書で検査します。
※ この基準は福島県のものであり、都道府県により異なる場合があります。

身体検査
(持参方式)

職務遂行に必要な健康度を有するかどうかについての検査
  (医師の発行する身体検査書の提出により行います。)

 

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/26_image025.jpg

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/26_image027.jpg

2次試験の様子


試験種目ごとの配点 警察官A・B(一般)      
   第1次試験 第2次試験   
 試験種目 教養試験  論文試験  口述試験  適性検査  身体検査  体力検査 
配点  100  60  300  適否  適否  適否 


合格者の決定方法  警察官A・B(一般)
 第1次試験 第1次試験合格者は、教養試験及び論(作)文の合計得点の高い順に決定されます。
 第2次試験 第2次試験は第1次試験合格者に対して行い、最終合格者は第2次試験の得点の高い順に決定されます。 
(最終合格者の決定に関しては、第1次試験の得点は加算されません。)