説明: 福島県警〜先輩に聞きました〜


























































説明: 本文へジャンプ

I

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/c2.gif

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button2.gif 地域係
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif E巡査部長(白河署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif I巡査長(いわき東署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button4.gif 採用担当者より

伊達警察署  W巡査長

 

 私はコレ!で警察職員を目指しました



 仕事内容について
 
署の自動車警ら班として、活動しています。
主な活動は管内の事件・事故等の発生しやすい場所を警戒し予防することや事件があれば、いち早く現場臨場し、初動捜査を行うことです。
不審者や不審車両に対する職務質問や、交通違反の取締りをしたりしています。

 私はコレ!で警察官を目指しました
小さいときから警察官の姿をテレビなどで見て憧れていたこと。
大学の就職活動期間に入り、福島県で人の役に立てる仕事がしたいと考えるようになり、警察官になりたいと思いました。

 警察官(警察職員)になって良かったと思った出来事は?
感謝される仕事であることです。
落とし物を届けた時、盗まれた自転車を持ち主に返した時など、日頃の職務の中で
感謝されることがあります。
「お巡りさんありがとう。」の言葉を頂いた時が警察官になって良かったと思います

 苦労した、辛かったなどの忘れられない経験は?

3月11日発生した地震で忘れられない経験をしました。
初任補修科を卒業し、所属に到着した直後、この未曾有の大震災があり、捜索活動などの経験をしました。
食べ物の調達も難しく、電気、水等のありがたさを改めて感じました

 やる気、元気の源は?(ストレス解消・気分転換法など)
私のストレスの解消法は、好きな物を食べて寝ることです。
気分転換法は、DVDを見たり、本を読んだりすることです。
自分と違った人生感や、価値観、体験できない世界を体験できた気分になります。

 震災を経た今、警察として思うことは?
今回の震災を経験して、当時は、どうなるのか不安でいっぱいでしたが、震災を乗り越えていくなかで住民の優しさを感じ、連帯感が一段と強まった思います。
これから被災者に対して、警察として少しでも力になれることを一生懸命にやっていきたいです。

 受験希望者へのメッセージを!

警察官の仕事は多岐にわたっており、自分の得意な分野で力が発揮でき、やりがいのある仕事になると思います。
試験は、筆記、体力試験と難しいと思いますが、がんばって警察官を目指してください。