説明: 福島県警〜先輩に聞きました〜


























































説明: 本文へジャンプ

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/c2.gif

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button2.gif 地域警察
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif W巡査長(伊達署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif E巡査部長(白河署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button4.gif 採用担当者より

いわき東警察署  I巡査長

 

 私はコレ!で警察職員を目指しました



 仕事内容について
 
私は、地域課の警察官として交番で勤務しています。
日中は、主として自転車、夜間はパトカーによる担当地域のパトロールを行い、事件・事故の防止に努めています。
地域課は、地域住民と警察との窓口となる機会の多い部署です。
特に、自転車でのパトロール中には、住民と身近に接し、相談などを受ける機会も多く、やりがいを感じています。

 私はコレ!で警察官を目指しました
私は、子供の頃から警察官というものに憧れていました。
テレビで流れる、交番で勤務する制服警察官の力強い姿、白バイ隊員の巧みな操縦、鑑識課の知識と技術による捜査など、私にとって憧れの的でした。

 警察官(警察職員)になって良かったと思った出来事は?
やはり、地域住民の嬉しそうな顔を見ることができたときには、警察官になって良かったと感じます。
行方の分からなくなった家族が見つかったとき、盗まれた物や無くした物が発見されたことを知った瞬間などに、とても嬉しそうな顔を見ることができます。

 苦労した、辛かったなどの忘れられない経験は?
泥酔者への対応は、一筋縄ではいかないことが多く、苦労する機会も多いです。
酔っている間は、普段大人しい人物でも気が大きくなり、脈絡のない発言や暴れることもあります。

 やる気、元気の源は?(ストレス解消・気分転換法など)
常に気を張り続ける、というのは現実的ではないので、気分転換に趣味の時間を持っています。
バイクに乗るなどしてストレス解消を図り、疲労しているときには、読書をするなどして体を休め、次の勤務に備えています。

 震災を経た今、警察として思うことは?
私の担当地域には、原発事故の影響で双葉郡から避難してきた方が多く住んでいます。そういった方の中には、これまでの人間関係から切り離され、新しい土地で以前からの住民との間でトラブルとなることもあるため、そういった事態に適切に対処し、解決に導くことが必要ではないかと感じています。

 受験希望者へのメッセージを!

警察官になるまでの受験や、合格後の警察学校での訓練、現場に出てから学ぶことの多さなど、ハードルは多いですが、それぞれの機会で得るモノも多いです。皆さんが自身の目標を達成し、同じ職場で働く日を楽しみにしています。