福島県警察〜先輩に聞きました〜

説明: 本文へジャンプ

 

採用担当者より

 

こんにちは!
ドラマやドキュメンタリーで取り上げられることの多い警察の仕事。でも、実際は舞台裏の苦労や、活動した本人にしか感じ得ない充実感が、そこにはあるはずです。
多岐にわたる警察官の仕事について、福島県で活動する警察官たちから
「仕事を選んだきっかけ」
「やり甲斐」
「エピソード」
「震災を経ての想い」
などの、みなさんへのメッセージをご紹介したいと思います!

 

「つむぐ命」

「過去」にならない現実が目の前にある
友達だと思っていた海は全てを飲み込んだ
あの日のままの町がある。もと通りにしたい生活があるのに
私たち福島県人は、体感した「痛み」、そして「ふるさとに対する熱い想い」を
決して忘れてはいけない
 「紡(つむ)ぐ」とは、綿花や繭玉を縒()りあわせて1本の糸にすること
福島県人の「想い」「願い」「祈り」「決意」すべてを
私たちは、ずっと後世まで伝え、紡(つむ)いでいく使命がある
(つむ)いだ心を大きな和にしよう
負けない「絆」を互いに持った福島県人として
少しでも前に進もう
警察官は期待を胸に、今も活動しています
そして、心の拠り所として、いつでもあなたの近くにいます