説明: 福島県警〜先輩に聞きました〜


























































説明: 本文へジャンプ

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/c2.gif

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button2.gif 警察事務
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif E主任(双葉署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif S主事(若松署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button4.gif 採用担当者より

生活安全企画課  K主事

 

 私はコレ!で警察職員を目指しました



 仕事内容について
 
本部で犯罪抑止情報分析業務を担当しています。
県内における犯罪発生状況傾向について分析し、県民の方々が犯罪被害に遭わないための防犯対策や犯罪抑止活動を行っている防犯ボランティア団体が活動しやすくなるための物品支援などの業務に取り組んでいます。
また、県警察と県民をつなぐ福島県警察音楽隊の一員としての活動も行っており、式典や交通安全教室などの際に演奏をしています。

 私はコレ!で警察官を目指しました

自分の力で少しでも困っている人を助けられるような仕事がしたいと考えていました。
そのような時期に、警察職員採用募集の回覧を見ました。
様々な現場で人のため に一生懸命働く警察の仕事に憧れを抱き、警察官の支えとなりながら自分も人のために役に立つ仕事ができるのは警察事務だと考えて目指しました。

 警察官(警察職員)になって良かったと思った出来事は?

県内様々な部署で仕事を担当する機会があるので、一緒に仕事をする警察職員の仲間をはじめ県民の方々など多くの人と出会い、たくさんの経験ができることです。 
また、私の場合は事務の仕事以外に音楽隊の活動で県内各地に演奏で出張することがあります。
最近では、最初緊張気味だった子ども達も演奏を聴いて口ずさんだり笑顔になって聴いている姿を見て、嬉しく感じました。
そして演奏会を通してヘルメッ トを着用することなど交通ルールを呼びかけ事故防止に役立てることなどにやりがい を感じます。

 苦労した、辛かったなどの忘れられない経験は?
警察学校卒業後に就いた係でのことですが、初めて電話で事件受理をしたことが忘れられない経験です。まだ職場環境にも慣れない時期で緊張もしていて、被害者に対してどのような対応をしてよいか分からず不安な気持ちでいました。でも、隣にベテランの先輩がいて、顔の見えない相手の気持ちを落ち着かせるような話し方や、迅速、正確に内容を聞き取り捜査員に伝えることなどを指導していただき、とても勉強になりました。

 やる気、元気の源は?(ストレス解消・気分転換法など)

勤務日は忙しい朝でも朝食を抜かず、元気になれる前向きな曲を聴いて出勤しています。また夜はできるだけ早く寝るよう心掛けています。そうすることで体調を整えてスッキリした気持ちで仕事に臨めます。休日は、美味しいものを食べに出掛けたり、時間を気にしないで好きなものを作って食べたりして気分転換をしています。

 震災を経た今、警察として思うことは?
震災で今もなお自宅に帰れず避難生活を送り、普段の生活に戻れず辛い気持ちで日々過ごしている人のことを忘れることなく、被災者の方々の心に寄り添いながら仕事を進めていく必要があると感じています。
そのような不安な生活を送っている方が、さらに犯罪被害にあってはなりません。そのためにも警察は犯罪の未然防止に力を入れて、県民が安心して生活できるような活動をしていかなければならないと思います。

 受験希望者へのメッセージを!
警察は決して楽な仕事ではありませんが、尊敬できる先輩や仲間に出会えて自分自身とても学ぶことが多い職場です。
警察官も警察職員も震災を経てさらに県民の安全 ・安心を守るという使命感を高く持ち、仕事に臨んでいます。その仲間として一緒に 仕事ができる日を楽しみにしています。