説明: 福島県警〜先輩に聞きました〜


























































説明: 本文へジャンプ

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/c2.gif

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button2.gif 警察事務
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif K主事(生安企)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif E主任(双葉署)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button4.gif 採用担当者より

会津若松警察署  S主事

 

 私はコレ!で警察職員を目指しました



 仕事内容について
 
警察署の交通係員として、交通窓口を担当しています。
主に、車庫証明書、通行許可書、道路使用許可書の受理・交付の手続きをしています。
また、来署者に対する案内や応接を行っています。
 私はコレ!で警察官を目指しました
「困っている人を助けたい!」という気持ちから、小学生の頃より警察官を目指していました。
高校生の時、警察事務という仕事があることを知り、警察官や地域の方々を支えたいと考え警察事務職員になろうと思いました。

 警察官(警察職員)になって良かったと思った出来事は?
窓口業務のため、地域の方々と接する機会が多いです。
「親切に教えてくれて、ありがとうございます。」と言っていただいた時、警察職員になって良かったと思いました。
 苦労した、辛かったなどの忘れられない経験は?
警察職員として仕事を始めたばかりの頃、時間の経過が驚くほど早く、「辛い」と思う暇もありません。
しかし、500円の収入証紙を貼った紙がなくなった時は顔が青くなりました。
風に飛ばされて床に落ちていたのを見つけていただいた時、ほっとして涙が出そうでした今は風の当たらない場所に保管しています。
 やる気、元気の源は?(ストレス解消・気分転換法など)
家族や友達と話しをすることです。一人暮らしのため、帰宅しても話し相手は誰もいません。
久しぶりに家族や友達に会ったり、電話で話しをしたりすることが何より元気をもらいますスポーツをして汗を流すことも良い気分転換になります。

 震災を経た今、警察として思うことは?
震災後、福島県は笑顔が減っていると感じています。
私は、県民の方々の笑顔を守ることが一番大切な仕事だと思います。
警察署を訪れた被災者の方、地域の方が少しでも笑顔になって帰っていただけるような対応ができる警察職員になりたいと思います。

 受験希望者へのメッセージを!
警察職員になってこの仕事の大変さを日々実感しています。
しかし、とてもやりがいのある仕事だと思います。最後まであきらめず頑張ってください。