説明: 福島県警〜先輩に聞きました〜


























































説明: 本文へジャンプ

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/c2.gif

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button2.gif 生安・刑事
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif O巡査長(機捜隊)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif S巡査長(いわき中央)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button4.gif 採用担当者より

生活環境課  W係長

 

 私はコレ!で警察職員を目指しました



 仕事内容について
 
サイバー犯罪に関する予防対策や捜査支援、各種統計、相談の対応などを担当しています。
インターネットの利用者が急激に増加する中、それに伴ってサイバー犯罪が増加し、その手口も一層複雑・巧妙化しています。
このようなサイバー犯罪に対応するため、警察では取締りや予防対策に関する広報活動等、様々な活動を行っています。

 私はコレ!で警察官を目指しました
学生の頃、生まれ育った福島の役に立てる仕事をしたいと考えていました。
先輩や先生から就職に関する話を聞いて、警察に興味を持つようになり、警察職員を目指しました。

 警察官(警察職員)になって良かったと思った出来事は?
県民からサイバー犯罪に関する相談を受けた際、被害の予防に関するアドバイスに対して、相談者から「よくわかった。安心した。ありがとう。」などの感謝の言葉を聞いたときは、役に立つことができて本当に良かったと感じます。

 苦労した、辛かったなどの忘れられない経験は?
警察情報システムの電算開発部門に所属していたときは、法律の改正や組織の改編などに伴う各種システムやプログラムの改修と動作試験のため、深夜にまでおよぶ勤務が続きましたが、自分が手掛けたシステムが本番リリース後に大きなトラブルもなく動作した時は、それまでの苦労が吹き飛んでしまうほど嬉しかったです。

 やる気、元気の源は?(ストレス解消・気分転換法など)
仕事と休みのメリハリをつけて毎日を送るようにしています。
妻の美味しい手料理を食べ、休日は子供といっぱい遊び、日々の疲れやストレスを解消しています。
家族の笑顔が私のパワーの源です。

 震災を経た今、警察として思うことは?
東日本大震災が発生した当初、私は行方不明者相談ダイヤルを担当し、震災後に連絡がつかない方々に関する問い合わせや相談を受け付けていました。
このような経験を通じ、警察は、事故や事件等に関わった人々にとって最後の拠り所として、大きな期待が寄せられていることを実感しました。

 受験希望者へのメッセージを!
警察は様々な活動を行っており、とても魅力のある仕事です。
厳しい面もありますが、それを上回るやりがいを感じることができます。
県民の安全で安心な生活を守るため、一緒に勤務できる日を楽しみにしています。