説明: 福島県警〜先輩に聞きました〜


























































説明: 本文へジャンプ

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/c2.gif

説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button2.gif 生安・刑事
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif W係長(生環課)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button3.gif O巡査長(機捜隊)
説明: http://10.125.10.15/inet/www.police.pref.fukushima.jp/saiyou/senpai/button4.gif 採用担当者より

いわき中央警察署  S巡査長

 私はコレ!で警察職員を目指しました



 仕事内容について
 
私は現在盗犯係として、日夜泥棒を検挙するための捜査などをしています。
日々発生する犯罪のうち、窃盗犯が大半を占めると言われており、県内の治安を向上させるためには、窃盗犯の検挙が非常に重要になってきます。
そのことを胸に、刑事としての誇りと使命感を持って、日々の業務に邁進しています。

 私はコレ!で警察官を目指しました
私は刑事に憧れて警察官を希望しました。
私が将来の進路を決めかねていた学生時代に、自宅が空き巣に入られ、そのときに来てくれた刑事さんの親切な対応にとても感動しました。
そのことがきっかけで、私は「刑事になりたい」と思うようになり、警察官を目指しました。

 警察官(警察職員)になって良かったと思った出来事は?

仕事が忙しい時などは、家に帰るのが遅くなったり、休日もなく仕事をすることがあります。
しかし苦労して犯人を逮捕して、被害者の方から感謝の言葉をいただいたときには、本当に警察官になってよかったと思います。

 苦労した、辛かったなどの忘れられない経験は?
東日本大震災後の活動は一生忘れられない経験となりました。
様々な活動の中で、辛いと思うことも何度もありました。
もう二度とこのような思いはしたくありませんが、この経験で警察官として成長できたと感じています。

 やる気、元気の源は?(ストレス解消・気分転換法など)
仕事と休日のメリハリを付け、休日には趣味のスポーツや読書などをして過ごして気分転換をしています。
また、仕事で悩み事があるときなどは先輩、上司に相談してストレスをため込まないようにしています。

 震災を経た今、警察として思うことは?
私が勤務する警察署管内は震災による津波の被害を受けており、被災地の現状を目にすると、復興までには長時間を要するということを実感します。
今後も福島県の復興と、県民が安全で安心して生活できる地域づくりを目指して、日々の業務に取り組んでいこうと思います。

 受験希望者へのメッセージを!

私は警察官の仕事に誇りを持っており、とてもやりがいを感じています。
警察の仕事は各部門に別れており、自分の能力を生かせる職場を見つけることができるのが魅力の一つだと思います。
ぜひ一緒に福島県警察官として仕事をしましょう。