サイバー犯罪に関する、情報提供相談コーナー
本コーナーは、サイバー犯罪に関する相談、情報提供を受け付けるものです。法律解釈の質問(○罪ではないか?)、犯罪捜査に関する問い合わせについては、お答えできません。また、被害届の提出や捜査要望等は、最寄りの警察署へ直接ご相談ください。
※サイバー犯罪とは ・・・・ 国際的には「コンピュータ技術及び電気通信技術を悪用した犯罪」と定義されており、
                  コンピュータやインターネットなどを利用した犯罪のことをいいます。


緊急の場合(殺害予告などの犯行予告等)は、110番通報、または最寄りの警察署へ通報をしてください。

※各警察署の電話番号はこちら

土日祝日、執務時間外にお寄せいただいたメールについては、翌執務日以降の受付となります。また、回答には日数を要します。
次のような相談には回答できません。
  ○住所、氏名、電話番号等が書かれていない。
  ○相談の内容が判然としない。


回答は基本的にメールとなりますが、電話で回答する場合もありますので、日中連絡が取れる番号を記載してください。また最寄りの警察署や警察安全相談室(024−525−3311)でも相談を受け付けています。
回答はメールアドレス「@police.pref.fukushima.jp」から送信します。
「police.pref.fukushima.jp」のドメインからのメールを受信できるようにしてください。
架空請求に関する情報提供は「振り込め詐欺対策室」にお願いします。
インターネット上の違法・有害情報(児童ポルノ、覚醒剤等の違法薬物等)についての通報はインターネットホットラインセンターでも受付けています。
こちらではサイバー犯罪に関する事例を紹介しています。

サイバー犯罪に関する相談、情報提供はこちら

フィッシング110番
フィッシングとは・・・
 銀行やクレジットカード会社やゲームサイト会社等の企業を装った電子メールやホームページを用いて個人の情報などを聞き出そうとする手口です。

  【聞き出そうとする情報の例】
   ○クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
   ○住所、氏名、電話番号、メールアドレス
   ○オークション、プロバイダ、ゲーム、電子メール等のID、パスワード

 これらの情報が漏れると、悪用されてお金を盗まれたり、本人になりすまして不正な売買がされたりなどの被害に遭うおそれがあります。

 このため、個人情報やカード情報等を問い合わせる不審な電子メールやホームページには注意が必要です。

 当県でも、フィッシングに関する情報が寄せられておりますので、十分注意願います。

フィッシングに関する情報提供はこちら