生活安全課からのお知らせ

 
 

サイバー犯罪等に関する注意喚起について

 

硫化水素情報を発見したら…

 

・ 悪質振り込め詐欺に注意!!

   あわてない!

   すぐにお金を振り込まない!

   事実を確認する!

 

 

 

@オレオレ詐欺

     不審な電話にだまされない!

     すぐにお金を振り込まず、事実を確認し、周囲に相談しましょう。

 A融資保証詐欺

     あまい融資話はしんじない!

     融資前に保証金や登録料などの名目で現金を振り込ませようとする場合、警察に連絡しましょう。

 B架空請求詐欺

     身に覚えのない請求は無視する!

     利用した覚えがなければ連絡せず、すぐに警察に相談してください。

 C還付金詐欺

     公的機関が振込先を指定することはない!

     還付金の返済をする際に口座を指定したり、ATMを操作させることは絶対にありません。

 

 

・ 防犯対策推進の家について   

      ↑  ここをクリックすると「防犯対策推進の家」のページに飛びます。

 

・ Sメール(セキュリティメール)の発信について
Sメールとは、県内で発生した対象犯罪を携帯電話に送信するシステムです。
○ 希望者
  県内に居住する方で、メール機能がある携帯電話をお持ちの方
○ 登録及び解除方法
  福島県警察本部 生活安全部生活安全企画課 ふくしま安全情報発信室のメールアドレス

       fp-bohan01@police.pref.fukushima.jp

 に「携帯電話のメールアドレス」と「登録希望」又は「登録解除」と入力して送信してください。
○ 登録は無料ですが、通信料金は自己負担になります。
○ 送信時間は、平日の午前8時から午後6時までになります。
○ 犯罪捜査のため、一部公表を差し控える場合もございますので、ご了承をください。
 
・ 振り込め詐欺情報ダイヤルについて
 電話を通じて「振り込め詐欺」に関する音声情報を提供するサービスを開始いたしました。

   指定電話番号   0570−000−110 (24時間利用可能)

 指定された電話番号に電話すると、音声により

      ○ 振り込め詐欺被害の特徴

      ○ 被害防止対策

      ○ 実際にあった事件の電話のやりとり            

について聞くことができるもので、通話料(一般加入電話1分間10円)はかかるものの、情報を無料で聞くことのできるサービスです。なお、電話番号のかけ間違いには十分注意してください。

 
 

・ フィッシングについて

  フィッシングとは、銀行等の企業からのメールを装い、メールの受信者に偽のホームページにアクセスするよう仕向け、そのページにおいて個人の金融情報(クレジットカードの番号、ID、パスワード等)を入力させるなどして個人の金融情報を不正に入手するような行為をいいます。

     フィッシング詐欺の被害防止対策

   ○  メール上のアドレスをクリックする際は十分に注意し、画面上で個人情報を入力しない。また
     企業等のホームページにアクセスする際は、お気に入り・ブックマークや検索サイトからアクセス
     するよう心がける。
   ○  ホームページのアドレスをよく確認する。
   ○  ID、パスワード入力フォームでは、通常SSLという暗号化通信を行うため、アドレス(https://
     〜で始まる)及び画面右下の南京錠マークを確認する。
     ※ 南京錠マークをダブルクリックして、電子証明書の発行先を確認するとなおよい。
   ○  最新のウイルス対策ソフトには、フィッシング対策が含まれているものが多くなっているので、
     そのような製品を導入する。
 
  フィッシングについては、今後増加することが懸念されていますので、被害に遭わないよう、十分注意
 してください。
 
 
風俗営業の許可申請に必要な書類一覧
  1号営業 2号営業 3号営業 4号営業 5号営業 6号営業 7号 8号営業
ぱちんこ屋 まあじゃん屋
1 許可申請書 許可申請書その1(別記様式第2号)
2 許可申請書その2(A)      
3 許可申請書その2(B)              
4 許可申請書その2(C)                
5 許可申請書その3                
6 添付書類 営業の方法を記載した書類 営業の方法(別記様式第2号の2、その1、その2(A)      
7 営業の方法(別記様式第2号の2、その1、その2(B)              
8 営業の方法(別記様式第2号の2、その1、その2(C)                
9 営業所の使用権限にかかる疎明書類(使用承諾書、建物の登記簿謄本)
10 営業所周囲の略図(営業所の半径70m以上の図面に縮尺を記入)
11 営業所の平面図(旅館、ホテルの場合には各階の平面図)
12 遊技機が検定又は認定機であることを証する書類                
13 定款及び法人登記簿の謄本(法人の場合)
14 申請者誓約書
15 管理者及び役員にかかる添付書類 管理者の誓約書
16 住民票写し(外国人の場合は外国人登録済証明書の写し)
17 身分証明書及び登記事項証明書の2通    (外国人の場合は、登記事項証明書のみ)

 

 
  必 要 書 類 法人 個人

備考





別記様式第1号その1(ア)        
別記様式第1号その1(イ)          
別記様式第1号その2        






定款の謄本   古物営業を営むことができる目的を記
載。最近の内容のものを作成する場合
作成月日はおおむね3ヶ月以内のもの
登記簿の謄本   古物営業を営むことができる目的を記
載。作成月日はおおむね3ヶ月以内の
もの      
最近5年間の略歴書 作成月日はおおむね3ヶ月以内のもの
(法人にあっては役員全員)        
住民票の写し 発行月日はおおむね3ヶ月以内のも
(法人にあっては役員全員) の。外国人にあっては、外国人登録証
  明書の写し    
身分証明書 本籍地を管轄する役場・市役所におい
(法人にあっては役員全員) て交付される。発行月日はおおむね3
  ヶ月以内のもの。外国人にあっては、
必要なし      
登記事項証明書《登記されて 東京法務局に申請して交付される。発
いないことの証明書》 行月日はおおむね3ヶ月以内のもの。
(法人にあっては役員全員) 外国人にあっても必要  
誓約書(法人用)   役員全員の連署でも可。作成月日はお
    おむね3ヶ月以内のもの  
誓約書(個人用)   作成月日はおおむね3ヶ月以内のもの






最近5年の略歴書 作成月日はおおむね3ヶ月以内のもの
住民票の写し 発行月日はおおむね3ヶ月以内のも
  の。外国人にあっては、外国人登録証
  明書の写し    
身分証明書 本籍地を管轄する役場・市役所におい
  て交付される。発行月日はおおむね3
  ヶ月以内のもの。外国人にあっては、
  必要なし      
登記事項証明書《登記 東京法務局に申請して交付される。発
されていないことの証 行月日はおおむね3ヶ月以内のもの。
明書》 外国人にあっても必要  
誓約書(管理者用) 作成月日はおおむね3ヶ月以内のもの
 
 
猟銃所持許可証取得までの流 れ

     銃砲刀剣類所持者に関する公安委員会への

                 「申出制度」

     が新設されました!