本文へスキップ

福島県

電話でのお問い合わせは024−554-0110

緊急のときは110

管内の紹介Introduction about our area


◇ 人口
9万9390人
◇面積 
411・63平方キロメートル 
◇地勢
管内北東及び東南部は、ほとんどが福島盆地の中に位置し、平たんであり、この東部を阿武隈川が北流する。また、管内の北部から順に摺上川、蛭川、八反田川、松川(いずれも一級河川)がそれぞれ西から東へと流れ、阿武隈川に注いでいる。北西部は、山岳地帯で中央部に飯坂温泉郷がある。南西部は、福島盆地の中に位置し、多くは平たんであるが、西側から北部は比較的起伏の大きい山地となっている

◇交通機関

 

鉄道は、東北新幹線が管内を縦貫している。在来線は、JR東北本線が南北に通じて東福島、桑折、藤田、貝田の四駅があり、奥羽本線が西南端の署境に沿うように通じて赤岩駅がある。私鉄は、福島交通飯坂線が福島まで通じ、第3セクターの阿武隈急行が福島〜東福島間で東北本線から分岐し保原梁川を経て丸森(宮城)に通じている。

道路は、東北自動車道が縦貫し、福島飯坂、国見の二ICがある。国道は、国道4号が東端を南北に通じ、国道13号が南端を横断している。また、国道399号が市域東から北西端に通じている。

主要地方道は福島・保原線(県道4号)が伊達市に通じている

東北中央自動車道の「福島〜米沢」間は、平成15年12月25日に開催された国土開発幹線自動車道建設会議により、国と地方が建設費を負担し整備する新直轄方式区間に選定され、同29年度の開通を目指して着工中である。同24年7月20日「相馬福島道路霊山〜福島間」のうち、霊山IC〜福島北JCT間が、「東北中央自動車道に並行する一般国道の自動車専用道路」として、都市計画決定され、同34年の開通を目指して着工中である

 

◇産業・経済

 

福島市鎌田に「中央卸売市場法」等に基づく福島市卸売業者等40店による卸商団地が形成されており、青果、鮮魚等を福島市内及び県北方部の消費者等に提供する一大産業基地である。

管内周辺の大部分は、果樹地帯が重なるりんご、桃、梨、さくらんぼ、ぶどう等の産地であり、東京をはじめとする各地に出荷している。なお、桃については、平成四年から献上桃として、天皇家、皇族に献上されている。

商工業については、福島市の北部が加わったことにより、大規模店舗、レジャー施設等が数多く存在する。

 

◇国・県の主な機関

 

国〜福島地方法務局分室、
  東北農政局東北管内国営事業所阿武隈土地改良調査管理事務所
  福島河川国道事務所信夫山国道出張所
  摺上川ダム管理所

県〜食肉衛生検査所
  大笹生学園
  農業総合センター果樹研究所
  県北流域下水道建設事務所
  県教育センター

 

◇文教施設

 

大学1(私立〜福島学院大学)、
短大1(私立〜福島学院大学短期大学部)
高校2(県立〜 福島商業、福島北)
中学校8、小学校7、大笹生養護学校

※サテライト校一(県立〜富岡高校(拠点校) )

このページの先頭へ

警察署情報

福島県 福島北警察署

〒960-0231
福島県福島市飯坂町平野字
江合2−8
TEL.024-554-0110


桑折分庁舎

〒969-1643
福島県伊達郡桑折町大字
谷地字形土15−2
TEL.024-582-2151