本文へスキップ

新しい視点で活動する Fukushima Pref IwakiHigashi Police Station

活動報告ACTIVITY report

歩行環境シミュレータを活用した交通安全教室の開催

活動報告写真

 平成25年9月25日(水)午前10時から、いわき市小名浜林城にあります、楢葉町民が避難している小名浜林城応急仮設住宅において、経済事犯・交通事故から身を守ることをテーマに安全教室を開催しました。
 警察本部交通企画課の担当者による「歩行環境シミュレータ」を活用した道路横断時の交通事故防止について、仮設住宅で生活をされている皆さんが積極的に参加して、道路横断時の事故防止ポイントについて学びました。
 警察署では、地域の要望に応じて、このシミュレータを活用した交通安全教室を開催してまいりますので、交通課までご相談ください。 

夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動出動式

活動報告写真

7月16日(火)午後1時30分から、いわき市鹿島町米田の株式会社鹿島ショッピングセンター北口広場において、小名浜地区交通対策協議会、いわき東地区交通安全協会、安全運転管理者協会、交通安全事業主会、小名浜地区交通安全母の会などの皆さんと当署管内の仮設住宅に居住する楢葉町、広野町、大熊町の皆さんが参加して、合同出動式を実施しました。
医事漫談のケーシー高峰さんを一日警察署長「警視高峰」に委嘱して、7月25日までの交通安全運動期間中の取り組み強化について訓示があり、賑わいの中にもキリッとした口調で交通事故防止を呼びかけていました。


交通安全ポスターの掲示開始

活動報告写真

ケーシー高峰さんの協力を得て、交通事故防止を呼びかけるポスターが完成し、出動式の中で株式会社鹿島ショッピングセンターの代表者に掲示を依頼しました。
ポスターは、子どもと高齢者の交通事故防止を基本に、自転車の安全利用、全席におけるシートベルト等の正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶、道路交通環境に応じた安全な速度での運転について呼びかけております。「カチッとベルト、グラッチェ セニョール・セニョリータ」と独特な言い回しが利いた粋なポスターになっており、交通事故減少に期待しています。


「カチッとベルト」が合言葉〜シートベルト着用強化月間

活動報告写真

6月3日(月)午後1時30分から、いわき市鹿島町米田の株式会社鹿島ショッピングセンター駐車場において、いわき地方交通対策協議会、小名浜地区交通対策協議会、いわき東地区交通安全協会、安全運転管理者協会、交通安全事業主会、小名浜地区交通安全母の会の皆さんとシートベルト着用強化月間に伴うキャンペーンを実施しました。
「カチッとベルト」が合言葉をスローガンに、来店者に対してチラシやルームミラーの背面につり下げる啓発品を配布して、全席におけるシートベルトの正しい着用を呼びかけました。


「カチッとベルト」の啓発品

活動報告写真

いわき東地区交通安全協会、安全運転管理者協会、交通安全事業主会では、全席におけるシートベルト・チャイルドシートの正しい着用を呼びかけるため、ルームミラーの背面につり下げる啓発品を制作し、シートベルト着用強化月間中のキャンペーン等で配布している。
ルームミラーの背面につり下げられているため、車に乗車する際に目に入ることで、シートベルトを忘れずに着用してもらえればと関係者は話しています。


福島県いわき東警察署

〒971-8151
福島県いわき市小名浜岡小名字
御代坂19番地

TEL 0246-54-1111

緊急時は「110番」!