郡山署の紹介 犯罪情報 交通事故情報 メインページ

郡山警察署管内 交通事故状況         

○平成21年の情報はこちら。

○平成22年の情報はこちら。 

○ 死者数は前年同数ながらも高齢者の死者は大幅に減少
○ 発生件数・傷者数は8年連続減少

1 交通事故発生状況(概数)

 (1) 交通事故の発生状況

  平成23年末(管内)
区分 本年 前年 増減数(増減率)
発生件数 1508件 1650件 -142件(-8.6%)
死者数 8人 8人 0人( 0%)
傷者数 1779人 1962人 -183人(-9.3%)

 (2) 死亡事故の発生状況(●印は死者)

  平成23年中は 8件の死亡事故が発生しました。

 

発生日時

発生場所 事故類型 1当 2当
3月28日(月)
    午前2時28分頃

大槻町地内
  (市道)

軽乗用車対中型貨物車

56才男性● 58才男性
4月17日(日)
    午前2時5分頃
安積町地内
  (国道4号)
普通乗用車対歩行者 43才男性 25才男性● 
5月26日(木)
    午後0時16分頃
御前南地内
  (市道)
普通乗用車対自転車 67才女性 76才男性●
6月26日(日)
    午後7時49分頃
安積町地内
  (国道4号BP)
車両単独 65才男性
77才女性●
7月24日(日)
    午後7時00分頃
中田町地内
  (主要地方道)
軽乗用車対歩行者 19才女性 90才女性●
9月13日(火)
    午前8時36分頃
若葉町地内
  (市道)
大型貨物車対歩行者 61才男性 22才女性● 
9月13日(火)
    午前9時59分頃
御前南地内
  (市道)
軽乗用車対原付 19才男性 52才男性●
12月14日(水)
    午前10時14分頃
堤下町地内
  (国道4号)
軽乗用車中型貨物車 19才男性
68才女性●
29才男性

 平成22年死亡事故発生地点マップ

 平成23年死亡事故発生地点マップ

 (3) 高齢者の交通事故発生状況(第一当事者

平成23年末(管内)
区分 本年 前年 増減数(増減率)
発生件数 196件 188件 8件(4.3%)
死者数 2人 3人 -1人(-50.0%)
傷者数 214人 213人 1人(0.5%)

 (4) 運転者別(第一当事者別)の交通事故発生状況(原付以上の車両運転)

 

平成23年末(管内)

区分

本年

前年

増減数

発生 死者 傷者 発生 死者 傷者 発生 死者 傷者
青年運転者 250件 3人 317人 276件 1人 345人 −26 2人 −28
女性運転者 567件 2人 657人 612件 2人 718人 −45 0人 −61
高齢運転者 196件 2人 214人 188件 3人 213人 8 -1 1
初心運転者 62件 3人 83人 74件 1人 98人  -12 2  -15

2 交通死亡事故の特徴

  ○ 高齢者の死者は4人(前年比−3人)で、全死者に占める割合は50.0%であった。

  ○ 高齢者の歩行中死者は1人で前年より4人減少した。

  ○ 交差点で発生した事故による死者は6人(前年比+4人)で、全死者に占める割合は75.0%であった。

  ○ 初心運転者の事故による死者は3人で前年より2人増加した。

  ○ 歩行中の死者は3人で、前年より3人減少した。


3 交通事故の特徴

  ○ 自転車乗用中の死傷者が全死傷者の19.5%を占め、県平均を8.5ポイント上回っている。

  ○ 追突事故と出会い頭事故で、全事故の74.0%を占めている。

  ○ 交差点における事故が、全事故の56.5%を占めている。

  ○ 朝夕の出勤・退社時間帯(7時〜9時、17時〜19時)の事故が、全事故の34.0%を占めている。

郡山警察署管内 交通事故状況