これらは、「合法ドラッグ」「合法ハーブ」などと称して売られ、大変危険です。
 使用すると、呼吸困難を起こしたり、死亡することもあります。また、異常行動を起こして、他者に危害を加えてしまうこともあります。
 「危険ドラッグ」は、たとえ合法などと称しても、麻薬や覚せい剤と同じか、それ以上の恐ろしさを持つ物質であることを知って下さい。
 また、「危険ドラッグ」を吸引して自動車を運転し、重大交通事故を起こす事件が全国各地で発生し、社会問題になっています。
合法ドラッグなんてありません!
合法ドラッグなどと称していても、非常に危険です。
インターネットや繁華街の店で販売されていても絶対買わないようにして下さい。
商品名「Blue Magic」(液体) 商品名「DIAMOND Rush」(白色粉末) 商品名「ANARCHY Spider」(植物片)


「風邪で声がおかしい。」←これ本当??
「携帯電話を変えた。新しい番号は○○○-○○○○-○○○○だから。」
 「実は会社の金を使い込んでしまった、●万円返さないとクビになる。」
「半分の●万円は何とか準備したから、残りのお金を貸してくれないか。」
家族の間で電話の時の合言葉を決めたり、相手の話を鵜呑みにしないようにしましょう。
警察官や市役所などの公務員を名乗る者からの電話を信用して被害に遭うケースが増えています。
警察官や市役所などが電話でお金を要求することは
不審な電話があった際は、迷わず
郡山警察署 024−922−2800 または 110番
への通報をお願いします。
オレオレ(示談金名目・妊娠中絶費用名目等)
架空請求(有料サイト利用料金・サービス利用料金等)
融資保証金(架空会社等による低利融資保証金名目等)
還付金等(医療費・税金等の還付名目等)
金融商品等取引名下(未公開株等の購入勧誘等)
ギャンブル必勝情報提供等名下(パチンコ・競馬・ロト6等)
異性との交際あっせん名下


 
社会全体で暴力団の排除を推進するため
 ○ 暴力団の排除に関する基本的施策
 ○ 少年の健全な育成を図るための措置
 ○ 暴力団員等に対する利益の供与の禁止
等について規定し、
 ○ 県民の安全で平穏な生活の確保
 ○ 社会経済活動の健全な発展
に寄与することを目的として作られた条例です。
 
 郡山警察署では、郡山市駅前一丁目、駅前二丁目、大町一丁目、中町地区を暴力団排除重点モデル地区とし、ボランティア暴排パトロール隊や郡山警察署員が、定期的に同地区の暴排パトロールを実施しています。
暴力団による悩みや困りごとは
郡山警察署
 024−922−2800

(財)福島県暴力追放運動推進センター
 024−939−8930

まで、ご相談下さい。
戻る