本文へスキップ

反射材着用の推進rEFLECTIVE MATERIAL PROMOTION

夜行反射材着用推進ソングについて

 令和元年12月21日に本宮市において行われた、交通安全大会において披露されました。
 この歌詞には、反射材の着用により、運転手にいち早く見つけてもらうことで、歩行者の悲惨な交通事故が無くなるようにとの思いが込められています。
 
   反射材着用推進ソング  反射材をつけよう〜僕はここにいるよ〜
      作詞 作曲: GENE  演奏: GoodRockinDaddy
↑バナーをクリックすると動画サイト(YouTube)へ移動します。(容量が大きいので注意してください。)



歌詞が表示されない方はこちら。

夜間の交通事故防止

● 歩行者の交通死亡事故の傾向
 歩行者の死亡事故の7割は夜間に発生しています。
 そのうち7割以上が道路横断中の事故です。
 特に自動車の運転手から見て、右から左に歩いてくる歩行者がはねられる事故が約7割を占めています。(車両のすれ違い用前照灯(下向きライト)は左寄りを照らすことから、右側は光の当たる量が少なく、歩行者が見落とされがちな為)

● 反射材について
 反射材は車のライトなどの光を反射して発光します。
 特に足下は、車のライトが下向きであっても、光が反射しやすい箇所であることから、靴のかかとや側面に反射シールを着用すると、運転手からも発見されやすく効果的です。

 車のライトが明るくても、歩行者は車から見えていない、または見ていない可能性も考えて、道路を横断しましょう。
 
● 車を運転される方は
 早めにライトを点灯し、速度を落として、車間距離を取りましょう。
 上向き、下向きのライトの切り替えをこまめに行い、周囲の情報をいち早く察知
しましょう。
 前を良く見て運転し、危険があるかもしれないといった、
「かもしれない運転」で事故防止に努めましょう。