1月10日は110番の日、110番の正しい理解と、子供の事件事故防止のため、滝根小学校と浮金小学校にお邪魔して110番教室を開催しました。
 110番の説明の後、現場を想定したスライドを元に110番通報の練習を行いました。
 皆、犯人の人相・着衣だけではなく、逃走する車両のナンバーまで覚えており、子供たちの記憶力の良さにはびっくりしました。
 
 
 
  平成28年10月29日(土)
 小町ふれあいフェスタに参加し、事件・事故防止など、各種警察広報を実施しました。
 白バイ・パトカーの試乗、自転車シミュレーター、点灯君での運転反応速度測定、薬物乱用防止広報など、当日は風が強く肌寒い中、多くの方々に参加・体験していただきました。
   平成28年10月31日(月)
 湯沢の宇佐美さんから菊花を寄贈していただきました。
 小野分庁舎の玄関ロビーに飾らせていただき、所内の雰囲気も明るくなり、免許更新などで訪れる方々の目を楽しませています。 
  毎週金曜日
 小野分庁舎では、毎週金曜日に免許更新時講習が行われていますが、その席上をお借りして、なりすまし詐欺防止広報を実施しています。
 最近、「還付金がある」と公的機関を騙って言葉巧みにスーパー等のATMへ行くよう誘導する詐欺が増えています。
 還付金がある+ATMへいけ
は間違いなく詐欺です。
   小野分庁舎では、署内のクラブ活動として、郷土史研究をなさっている高橋さんを講師に招き、歴史クラブを行っています。
 12月23日は、高橋さんの案内で小野町内の史跡を探訪しました。
 普段何気なく通っている道端にも史跡があったり、神社仏閣の縁起を教えていただいたりしながら、有意義な一日を過ごしました。
  小野高校の皆さんからベゴニアとマリーゴールドのプランター24鉢を寄贈していただきました。
 授業で栽培した花で「犯罪や交通事故がなくなるように」と社会貢献を目的として寄贈されたものです。
 小野分庁舎の入り口が一気に華やかになりました、大切に面倒を見たいと思います。
 ありがとうございました。
  飯豊小学校「緑の少年団」の皆さんからマリーゴールドのプランターを寄贈していただきました。
 飯豊小学校「緑の少年団」は、緑と親しみ、緑を愛し、緑を守り育て、町全体を花いっぱいにしたいという考えから、「花いっぱい活動」を行っています。 

 ありがとうございました。
  平成28年9月18日(日)
 今年も、大越商工祭に参加し、事件事故防止広報を実施しました。
 当日はあいにくの雨でしたが、多くの方に訪れていただきました。
 パトカーの試乗や県警マスコット「ふくぼうし君」が参加して、なりすまし詐欺防止紙芝居の上演、自転車シミュレーターや適性検査車を使った交通事故防止体験を行いました。
  平成28年10月18日(火)
 滝根幼稚園で交通教室を開催しました。
園庭に模擬交差点を設定し、模擬信号機を使って安全な横断の仕方、信号機の意味などについて学習しました。
 
  管内の各小学校、幼稚園などで、児童・園児の犯罪被害防止のため防犯教室を開催しました。 
  平成28年4月12日
 大越町老人憩いの家寿楽荘において、大越町郷老人クラブの防犯・交通講話を実施しました。
 なりすまし詐欺など特殊詐欺の最近の発生状況や特徴・被害防止対策、高齢者被害の交通事故の特徴や事故防止方策について、受け持ちの大越駐在所勤務員が講話を実施しました。
   5月22日、高柴山々開きにあわせて、山岳事故防止広報を実施しました。
 今年は山つつじの当たり年で、山頂を真っ赤な山つつじが彩っていました。
 2年前から実施されている高柴山元気復活大作戦の成果が見えてきたものと思います。
  5月29日、矢大臣山山開きにあわせて山岳事故防止広報を実施しました。
 
矢大臣山では、昨年山菜取りに入山した方が遭難し亡くなる事故が発生しています。
 
山に入るときには複数で入山し、家族等に行き先を伝えて出かけましょう。
 
矢大臣山山頂には携帯各社の中継所があり山中でも携帯が使えます
 
山開き登山に併せて山岳救助訓練を実施しましたが、模擬遭難者からの110番通報で得られたGPS位置情報の誤差は少なく、位置情報を元に速やかに遭難者を発見できました。
 
 
 
平成28年1月12日(火)
 小野町立小野新町小学校で、110番教室を開催しました。
 同校1年生から3年生を対象に110番の仕組みや事件事故にあった際の対処方法について学び、スライドの事例を元に110番通報の練習を行いました。
 
 
平成28年2月15日(月)
 夏井第一小学校において、防犯協会夏井支部による防犯標語コンクールの表彰式が行われました。
 最優秀賞、優秀賞、学年賞が選出され、各種防犯活動や、地域の防犯意識高揚に役立てることとしています。
  平成28年2月19日 (金)
 小野中学校において、東日本大震災の記憶を風化させることなく経験と教訓を次世代に継承し、生徒が自らの行き方を考える契機とするため、東日本大震災における救助活動等活動を聞く会が行われました。
 ウルトラ警察隊が、被災地での活動について体験を語りました。
   
 平成28年3月9日
 田村市滝根公民館の主催する高齢者講座「あぶくま大学」において、なりすまし詐欺防止寸劇と紙芝居を上演しました。
  管内の各小中学校、幼稚園などで、新入学(園)児童・生徒・園児の交通事故防止を図るため、交通教室を実施しました。