白河警察署の紹介

  白河警察署は7つの課にわかれています。
 各種届出の際には以下の一覧を参考にして下さい。
◎刑事課
 犯罪の被害届の受理など
地域課
 
交番・駐在所、パトロール、巡回連絡
◎生活安全課
 行方不明者の届出
 風俗営業、銃刀関係の申請など
◎交通課
 交通事故関係、運転免許関係、道路使用許可、車庫証明など
◎警務課
 総合相談、広報広聴、留置関係など
◎会計課
 落し物、拾い物の届出など

◎警備課
 示威行進許可申請など

白河警察署の歴史

M 9.5. 1  初代署長が任命され、西白河郡一円を管轄した。
M11.8.21 白河市字中町37番地に庁舎が建設される。
M31.1  M11当時から置かれていた矢吹分署が矢吹警察署に昇格し、矢吹周辺の町村を管轄した。 
T12.4  庁舎の大改修が行われる。
S5.11 白河市字郭内222の6に鉄筋コンクリート二階建ての庁舎が完成移転した。 
S18.2  矢吹警察署が廃止され、矢吹警部補派出所となって白河警察署の管轄に編入される。 
S23.3  警察法の改正により、白河地区警察署、白河市警察署及び矢吹町警察署の三署に分割される。 
S26.9  法改正に伴い、矢吹町警察署が廃止されて白河地区警察署に編入される
S29.7 白河地区警察署と白河市警察署がそれぞれ廃止統合されて「白河警察署」となった。 
S39.4.20  白河市字昭和町226番地の2に鉄筋コンクリート3階建ての庁舎が完成し、移転する。
H5.1.22 同所の南側敷地に現在の新庁舎が完成し現在に至る。 
H16.5.27   17年ぶりに白河検問所が復活する。