音楽隊員になるには

警察官・警察行政職員

福島県警察音楽隊員の多くは、警察官や警察行政職員で構成されています。
ぜひ、警察官や警察行政職員になって、音楽隊を希望してください。                            警察官、警察行政職員になるには、「県警採用情報」をご覧ください。                           →県警採用情報

会計年度任用職員(広報活動推進員)

福島県警察音楽隊では、警察官、警察行政職員のほか、会計年度任用職員として勤務する広報活動推進員がいます。        広報活動推進員は、欠員が生じた場合、適性試験(実技試験・面接試験)により採用されます。

隊員からのメッセージ

質問コーナー Q&A

Q. 自分が希望する楽器を担当できますか?
A. その時の編成により多少の変更もありますが、基本的には本人の希望する楽器を担当してもらえるよう配慮しています。
Q. 楽器を持っていなくても大丈夫ですか?
A. 音楽隊で管理している楽器があるので、それを使っていただけます。
  ※自分の楽器を持っている方は、使っていただいて構いません。
Q. カラーガードはやったことがないので、できるか不安なのですが...
A. 現在在籍しているカラーガード隊員の多くが、未経験者です。
 入隊後は、隊員や講師の先生の丁寧な指導があるので、心配はいりません。